水都再生事業


一寸法師お椀レース(2002113)

 

今から300年前に作られた一寸法師は住吉大社近くで生まれ、道頓堀付近からお椀の舟に乗って京都まで旅をしたという物語にちなんで、道頓堀川において、お椀の舟で商店街対抗レースを実施。水都大阪再生及び、食の街・大阪をPRした。

(2004114日 朝日・読売・産経・毎日掲載)


大川・川開き式

 

海開きがある様に水都大阪らしく川開きがあってもいいのではと、お花見シーズンを前に春の訪れを告げるイベントとして開催。船上でテープカットを行いカヌーや遊覧船など約50隻が中之島一周をパレードしながら網で川のゴミをすくい美しい水辺を取り戻そうとアピールした。

(2004321日 読売・朝日掲載)

 

一寸法師の里帰り・

お椀に乗って大阪へ

 

国の都市再生モデル調査の一環として淀川流域の水運をアピールするため、約300年前大阪から京都まで淀川を旅した一寸法師がお姫様と愛娘を連れて伏見からお椀の舟に乗って枚方、八軒家浜へとお爺さんとお婆さんの元へ里帰りするというイベント。

(2005116日 毎日・朝日・朝日京都版・京都新聞掲載)


 平成OSAKA 天の川伝説2009 

 平成OSAKA 天の川伝説2010

 

平成OSAKA 天の川伝説

 

社会実験として、構想20年のイベントを挙行

 

大阪の中心、中之島の東側の大川に光る球形LEDを浮かべる環境演出イベント。地元、関係行政機関、団体などさまざまなルール、法規制との調整を経て実現に至った事例


街づくり・地域活性化事業

クリーンリバー水上パレード&水辺ウォーク
総勢約3,000人のボランティアが河川敷のゴミ拾いと、約60隻のカヌーやゴムボートで水上をパレードしながら河川の清掃を行いました。(水都ルネサンス大阪実行委員会主催) 

世界水フォーラムPR活動

天神橋筋商店街から滋賀県庁に向かって延べ3日間(12/81415)かけて流域の交流と環境保全を訴えて歩いた。ゴールで大阪・京都・滋賀の知事のメッセージを国土交通省近畿整備局に渡しての開催をPRした。

世界15カ国から船で運ばれた水を、大阪会場である大阪国際会議場のクスノキに散水。
クスノキは森の象徴的な意味合いがあります。世界中には水に苦しんでいる国も多く、みんなで手をつなぎ世界中の人達に健康で安全な水が行き渡るようにと願って散水しました

**